› saesae の健やかブログ☆ › 腰痛体操やストレッチは腰痛に効果はあるか?
お医者様が認めた整体法。 『 ミオンパシー 』 saesae (さえさえ)の ミオンパシー整体 で、腰痛・肩こり・膝痛 とサヨナラ

  

Posted by at

2015年06月07日

腰痛体操やストレッチは腰痛に効果が〇〇?

こんにちは! saesae 佐伯です。face02


テレビや雑誌などでよく腰痛対策に「腰痛体操」 や 「ストレッチ」などが紹介されていますね。

はたして、体操やストレッチはあなたの慢性的な腰痛にどのくらい効果があるでしょうか?



結論から言います。。。

下手をすると腰痛は悪化します。
  icon196  icon196  icon196  icon196


一般的に「腰痛体操」や「ストレッチ」などの効能は、主に慢性的な腰痛(筋性腰痛症・筋筋膜性腰痛)に対して 「筋肉を伸ばして体を柔らかくし、筋肉が痛まないようにする。」 ということで行われています。

これが、何故腰痛にはよくないのか・・・?


「筋性腰痛症」(筋筋膜性腰痛)の根本原因は、「筋肉の強張り(拘縮)=筋肉のロック」 とそれにともなう関節の可動不全です。

これを解決しない限り、腰痛(筋性腰痛症・筋筋膜性腰痛)は本当の意味での改善はしません。


ですが、ここでの問題は “腰痛を引き起こす筋肉の強張り(拘縮)=筋肉のロックがなぜ起こっているのか?”
というところにあります。


あなたを悩ませている腰痛(筋性腰痛症)=筋肉の強張り(拘縮)=ロックは「運動した後に筋肉が張る~」 といったものとは違って、そもそもは腰を護るための筋肉の仕組みによるものです。
もご覧ください♪


腰を護るための筋紡錘の働き

筋肉(筋繊維)の中には「筋肉の伸び縮みを感知するセンサー」(筋紡錘)があります。
この筋紡錘からの信号をストップしない限り、腰痛(筋性腰痛症・筋筋膜性腰痛)を起こしている筋肉は体を護るために働き続け(拘縮し続け)ます。
腰痛の場合、腰周囲の筋肉が必要以上に引っ張られた時、腰の筋肉や腱が切れたり、その筋肉が付いている関節が壊れないようにする為の機能です。
ですが、体を護るために働き続け(拘縮し続け)た結果、、その筋肉はロック(拘縮)を起こし腰痛を発症してしまうのです。
 

ですから、腰痛時の筋肉の強張り・収縮を緩めるためには「筋肉さん、もう緩んでもいいんですよ~。」 ということを腰痛の原因となっている筋肉(筋紡錘)に伝えてあげなければなりません。
そうしないと、筋紡錘は「護るために」ひたすら頑張って拘縮信号を出し続け、原因となる筋肉はずっと縮んだままです。
つまり、腰はいつまでたっても痛いままです。

ただ、筋肉(筋紡錘)へのお知らせで筋肉を緩める(痛みを無くす)には少々コツがあって、その情報を上手に伝えないと余計にこじれてしまいます。

この場合、温めたり、冷やしたり、揉んだり、叩いたり、では情報は上手く伝わらず緩みません。
もちろん腰痛体操やストレッチでも緩みません。
当然、「もういいって!緩んでいいから!」と言って聞かせてもダメです・・・face07

確かに、慢性の腰痛症に対して、温めたり、揉んだり、ストレッチしたり、体操したりすると、その場は一旦少し緩みますが、後で余計に腰痛がひどくなる事もあります。


改善したい一心で熱心に揉んだり、「よいしょ、よいしょ!」 と腰痛体操やストレッチなどを頑張ると、そのこと自体を筋紡錘は「強い刺激」と勘違いしてしまい、この強い刺激を与えてしまう事で
下手をするとやる前より余計に筋肉が縮んでしまう事がある

からです。(なんという事でしょう・・・icon11


何故ならば、護る為に働いている筋肉(筋紡錘)に、揉んだり、ストレッチなどで強い刺激を与えてしまうと 「あ!また負荷が掛かった~!もっと頑張って体を護らなくては… 筋肉に縮めるよう信号送らなきゃ!」 と感知されてしまうからです。

そして、ますます拘縮を強めてしまうことになります。。。
なんとも皮肉なものですね...(泣)


では、どうすれば良いのか?

ズバリ!
筋紡錘からの信号をストップして、筋肉の拘縮を緩める方法を取らなくてはなりません。

その方法こそが saesae で行っている
腰痛改善のための整体法 「ミオンパシー」なのです
icon67



筋肉を緩めた後のストレッチは有効♪

なお、ミオンパシー整体の(筋肉を緩める為の)テクニックを使って 「筋肉の伸び縮みを感知するセンサー(筋紡錘)」 に危険が去ったことを教えて、筋肉の強張り(拘縮)を解除した後ならば、腰痛体操や腰痛のためのストレッチは「腰痛の予防」方法としては有効になります。

ですので、一般的には筋肉の拘縮を緩めた後でなければ、慢性的な腰痛(筋性腰痛症・筋筋膜性腰痛)に対する腰痛体操や腰痛のためのストレッチは無効であると言えるでしょう。


腰痛体操もストレッチも、行うタイミングが大切ってことですね。



もし、あなたが今、慢性的な腰痛の改善の為に懸命に腰痛体操やストレッチを行っているとしたら… 
なのに、いつまでたっても改善する気配がないとしたら…
今こそ、ミオンパシー整体で 「筋肉を緩める」 時かも知れません。
筋肉が緩んでいく感覚は、とっても不思議で快適ですよ♪
saesaeのミオンパシー整体で、あなたの腰痛の解消をお手伝い致します。


saesaeのミオンパシー整体のご予約はこちら☆



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!